江戸時代から前田家100万石の城下町として栄えた金沢では、現在もその栄華を象徴する武家屋敷や伝統工芸などの武家文化を鑑賞できます。

また、北陸新幹線の開通により、東京から2時半程度でアクセスできる観光都市としても注目を集めています。

古都として名高い京都に近いこともあって、金沢にはお茶会に使われる銘菓が昔と変わらずその伝統を守り続けています。

「長生殿」も、その一つで落雁(らくがん)と言う和菓子を生産してます。ほろりと口で溶ける上品な味わいがほろ苦い抹茶と絶妙なハーモニーを生み出し、お茶会を盛り上げます。

ホテルピュリッツァー自由が丘にも、石川県の伝統工芸の九谷焼が数点飾られてます。

IMG_0291

IMG_0292